問い合わせ Q&A

info@rain-jungjihoon.jpからのメールを受信出来る様設定のご確認を事前にお願いします。

スケジュールをご覧になりたい場合は、カレンダー内の日付をクリックしてください。スケジュールが登録されている場合は、日付が 黄色で表示されています。(スケジュール内容は、2013年7月から表示されます。過去のスケジュールは表示されませんので、予めご了承くださいませ。)

updated 10:30 Pm SUN 05.22 . 2016   
HOME > NEWS
 
    1. 318.  放送終了「帰ってきて、おじさん」視聴者の心に長く残る名作ドラマの誕生  
    2. 2016-04-19



    ※ドラマのストーリーに関する内容が含まれています。




    視聴率は特別高いとは言えなかったが、心に残る名作ドラマが誕生した。

    SBS水木ドラマ「帰ってきて、おじさん」(脚本:ノ・ヘヨン、演出:シン・ユンソプ)が全員のハッピーエンドで放送終了した。
    日本の小説「椿山課長の七日間」を原作にした「帰ってきて、おじさん」は
    あの世の同級生キム・ヨンス(キム・イングォン)とハン・ギタク(キム・スロ)が
    イ・ヘジュン(RAIN)とハン・ホンナン(オ・ヨンソ)に会って、この世への逆送体験をして繰り広げられるストーリーだ。

    最終話でハン・ホンナンはイ・ヘジュンに自身の逆送体験の時間を分けてあげ、大切な人々を守るために自ら死を選んだ。
    ルールに違反した彼女はすべての人の記憶から消えた。
    イ・ヘジュンも逆送体験の最終日に家族たちを温かく世話し、
    結局彼の正体に気づいたシン・ダヘ(イ・ミンジョン)は感動的な別れの挨拶をした。

    ハン・ギタクとキム・ヨンスは世の中から消えたが、彼らは多くのことを残した。
    みんなが幸せになる、気持ち良い変化だった。
    みんな会うべき縁であり、これは世の中を温かくする原動力になった。

    実は逆送体験という多少荒唐無稽なストーリー設定のため、コミカルな状況が多く、これは長所にも短所にもなった。
    面白いけれど、作為的すぎるのではないかという評価もあった。
    しかし、回を重ねるに連れ、温かく感動的なストーリーで視聴者たちにも自身の人生を振り返るきっかけを作った。
    視聴率は特別高くはなかったが、ノ・ヘヨン脚本家の筆力と、シン・ユンソププロデューサーの繊細な演出、
    俳優たちの優れた演技が合わさった名作ドラマの底力は想像を越えるものだった。

    その中でも脚本家は、最後まで自身が伝えたかったメッセージを揺るぎなくドラマに溶け込ませ、視聴者から好評を得た。
    登場人物間の関係や名前、写真、小道具など、細かいところまで気を配り、
    番組の末尾に登場する1分ほどのエピローグはこのドラマを欠かさずに観る理由となった。

    また、男性のギタクが一夜にして女性のホンナンになったため起きるコミカルな状況や、
    デパートの職員だったヨンスが店長になって繰り広げられるハプニングは視聴者を楽しませた。
    ここに強者に向けた弱者の反乱は痛快さまで感じさせた。
    全く予想していなかったどんでん返しのあるストーリーも素晴らしかった。

    他のドラマでいつも見てきた復讐の代わりに、お互いを抱き合って許して犠牲となる姿は最後まで余韻を残した。
    結局、死んだ後に切実に気づかされる家族という温かい柵は、
    この時代を生きている私たちにも周囲にもう一度目を振り向けるきっかけとなった。

    俳優たちの演技も絶素晴らしかった。コミカルな演技で有名なキム・スロとキム・イングォンを始めに、
    RAINとオ・ヨンソはこれほど壊れても良いのかと思うほど、演技への情熱を燃やした。

    絶妙なコミカル演技は基本で、深い感情演技で視聴者を泣かせて笑わせた。
    出産後に久しぶりにドラマに復帰したイ・ミンジョンのさらに繊細になった演技力はドラマの完成度をさらに高めた。
    イ・ハニ、チェ・ウォニョン、ユン・バクなど出演者全員がキャラクターに合う演技でドラマに熱中させた。
    視聴率という数字では確かに期待に及ばなかった。
    しかし、このドラマが視聴者の心の中に長く残る名作ドラマであることに間違いはない。
    1. 317.  放送終了「帰ってきて、おじさん」別れは悲しく人生は美しい  
    2. 2016-04-18


    ※ドラマのストーリーに関する内容が含まれています。


    イ・ヘジュン(RAIN) とハン・ホンナン(オ・ヨンソ) の逆送体験の終わりは切なくて悲しく、二人の人生はとても美しかった。

    14日に韓国で放送されたSBS月火ドラマ「帰ってきて、おじさん」(脚本:ノ・へヨン、演出:シン・ユンソプ) では、
    ヘジュンとホンナンが逆送体験を美しく終えるシーンが描かれた。





    ヘジュンはハンナ(イ・レ) との別れを準備した。
    へジュンはハンナの初のブラジャー、成人の日のプレゼント、結婚のときに使うティアラをプレゼントした。
    そして一緒に結婚行進曲に合わせて廊下を歩いた。ハンナは父に涙で挨拶をした。
    以後、妻のダヘと一緒にカレーを食べながら最後の晩餐を楽しんだ。へジュンは家を出てマヤ(ラ・ミラン) と会った。

    へジュンが帰った後、ダヘはへジュンがカレーから取り除いたにんじんを見かけ、
    死んだ夫のヨンス(キム・イングォン) を思い出した。
    ダヘはそのまま家を出てへジュンを後ろから抱きしめて「今日も、お疲れ様」と話した。
    これはヨンスが生きていたとき、ダヘがいつも言ってくれた挨拶だった。へジュンは涙をこぼした。
    ダヘも去る彼の後ろ姿を見つめるだけだった。へジュンは「さようなら」と挨拶をし、
    ダヘも「さようなら」と言い、涙をこぼした。

    残されたイヨンとダヘは死んだギタクとヨンスを忘れられずにいた。そして懐かしがっていた。
    へジュンとホンナンの逆送体験の別れは悲しかったが、人生は美しかった。
    残された人々はまた美しく楽しく人生を生きていった。
    1. 316.  「帰ってきて、おじさん」放送終了の感想を明かす“特別に意味のある作品”  
    2. 2016-04-15





    SBS水木ドラマ「帰ってきて、おじさん」のRAIN(ピ)が放送終了の感想を伝えた。

    RAINは14日、所属事務所を通して「毎回作品に出演するたび、たくさんのことを学ぶが、
    今回の作品は特別に意味のある作品として記憶に残りそうだ」と感想を明かした。

    特にRAINは「こんなに素晴らしい作品に参加できたことに感謝しており、
    最後までがんばってくれたすべての俳優の皆さん、スタッフの皆さん、
    そして力強い応援と愛を最後まで惜しまず送ってくれた視聴者とファンの皆さんに心から感謝している」と挨拶を伝えた。

    RAINは「帰ってきて、おじさん」で、劇中過労死した百貨店の40代の万年課長キム・ヨンス(キム・イングォン)から
    30代のエリートイケメン店長に生まれ変わったイ・ヘジュン役を演じ、
    コミックさと感動を自由自在に行き来し、絶頂の演技力を見せつけた。

    特にオ・ヨンソとは愉快で心温まる義理のケミ(ケミストリー、相手との相性)を、イ・ミンジョンとは甘く切ないロマンスケミ、
    パク・イングォンと娘のイレとは感動的な家族愛で人間的な魅力をアピールした。
    1. 315.  2015-2016 RAIN Word Tour「THE SQUALL」日本公演開催決定のお知らせ  
    2. 2016-04-15



    こんにちは。Rain Japan Official Website事務局です。

    >> 2015-2016 RAIN Word Tour「THE SQUALL」日本公演開催決定 <<

    公演名:“ RAIN Word Tour「THE SQUALL」”
    「THE SQUALL 2015-2016 RAIN」 in Japan

    ついにワールドスターRAINが 日本のステージに戻ってくる「ワールドツアーin JAPAN」~
    今回の日本コンサートは2日間 2stのコンサートでファン達と共に過ごす時間は、RAINにとって
    感慨深いコンサートです。
    ピは「これまで放送活動だけでなく、ステージでファン達に会う機会がなくて残念でした。
    今回のツアーをしながら各地のファン達に会えると思うと今からワクワクします」と
    所属社側は「ピが、久しぶりにコンサートでファン達に会えるという想いで直接コンセプトから企画・演出
    までの全てに参加して会うファン達のために、ピだけのパワフルなダンスと女心を溶かす甘いヴォイスまで・・・
    ファン達に色んな姿を見せる詰め合わせギフトセットのようなコンサートになるでしょう」と伝えています。
    「THE SQUALL Rain - in JAPAN」のタイトルのように5月24日,25日国際フォーラムAにて最高のパフォーマンス
    が吹き荒れるでしょう。

    ~ RAIN TOUR IN JAPAN レインワールドツアージャパンコンサート ~

    【会場】

    東京国際フォーラム ホールA

    【日時】
    2016年5月24日(火)開場17時 開演19時
    2016年5月25日(水)開場17時 開演19時

    【チケット料金】

    12,000円(税込み)(送料別途600円)
      ※全席指定 3歳以上チケット必要、おひとり様1公演4枚まで

    【チケット販売情報】

    ブレスエンターテイメント先行チケット販売応募期間
    受付期間:2016年4月15日(金) AM11:00~2016年4月19日(火) AM11:00
    抽選日:2016年4月20日(水

    ▼チケットインフォメーションはこちらから

    ※今回のお申込みに関しまして、
    お申込みの際は、お名前、住所、電話番号、メールアドレス登録が必要ですので予めご了承下さい。
    【ブレス先行販売に関するお問合せ】
    株式会社 Bliss Entertaiment
    メール:event@bliss-ent.net

    ~たくさんのお申込みをお待ちしております~
      
    ※本公演するおわせは、上記お問合せ先へ致します
      当ファンクラブでは一切対応できませんので、めご了承くださいませ

    Rain Japan Official Website
     
    1. 314.  「帰ってきて、おじさん」RAIN、どんでん返しの連続に緊張  
    2. 2016-04-09



    ※ドラマのストーリーに関する内容が含まれています。






    「帰ってきた、おじさん」が予期せぬどんでん返しで見る人々を緊張させた。

    韓国で7日に放送されたSBS水木ドラマ「帰ってきて、おじさん」では、
    数日間謎の人からフォーチュンクッキーをもらっているヘジュン(RAIN、ピ) の姿が描かれた。

    ヘジュンは誰がフォーチュンクッキーを送ったか分からず、ストレスを受けていた。
    彼はフォーチュンクッキーの中の内容を確認し、誰かが自身が本当のイ・ヘジュンではないことを知っていると思った。

    これまでヘジュンがもらったフォーチュンクッキーは本当のイ・ヘジュンが会社に送り込んだスパイが送ったものだった。
    スパイはヘジュンの考え通り、ヘジュンが偽者であることを知っている人だった。

    その後、ヘジュンはデパートである子供からメモをもらった。そこには「私に会いに来るか」と書かれていた。
    へジュンが子供の案内に従って行った場所にはヘジュンの父親チャ会長(アン・ソクファン) の秘書オ・ナラがいた。

    また放送後半にはソクチョル(オ・デファン) が車でヘジュンを轢いて彼の命を危険にさらした。
    もう一度死を迎えることになったヘジュン。
    どんでん返しを繰り返す「帰ってきて、おじさん」はどのような結末を迎えるのだろうか。
    1. 313.  「帰ってきて、おじさん」RAINの正直な気持ちを告白“心が揺れたけれど…”  
    2. 2016-04-08


    ※ドラマのストーリーに関する内容が含まれています。




    「帰ってきて、おじさん」イ・ミンジョンがRAINに気持ちを打ち明けた。
    率直なイ・ミンジョンの告白にRAINは振られたにも関わらず笑みを浮かべ、そんなRAINを見てイ・ミンジョンは怪訝そうに思った。

    韓国で6日に放送されたSBS水木ドラマ「帰ってきて、おじさん」(脚本:ノ・ヘヨン、演出:シン・ユンソプ)第13話では、
    顔を合わせて本音を打ち明けるイ・ヘジュン(RAIN) とシン・ダヘ(イ・ミンジョン) の姿が描かれた。

    ダヘはヘジュンに自分の気持ちを打ち明けることにした。夫キム・ヨンス(キム・イングォン) が亡くなった後、
    自分のところにやってきたイ・ヘジュンに感謝し、心が揺れたと告白した。
    しかし、自分には夫しかいないと、この気持ちを片付けると話した。

    ヘジュンはダヘの気持ちを聞いて微笑んだ。亡くなった自分を待ってくれて、懐かしむ気持ち、
    何よりも「後でヨンスに会ったら、こんな私を叱ってと話すだろう」というダヘの言葉にむしろ安心したのだ。

    ダヘの気持ちを楽にしてあげようとヘジュンは「今からでも離れましょうか」と聞き、
    ダヘは「どうせいなくなると言ったじゃないか。そのときまではいてもいい。
    ただ、その後は二度と会わないようにしたい」と線を引いた。
    1. 312.  「帰ってきて、おじさん」RAIN vs ユン・バク“本当の戦いはこれから”  
    2. 2016-04-04

    ※ドラマのストーリーに関する内容が含まれています。



    反転に反転を重ねた。果たしてイ・ミンジョンの娘、イレの実の父親は誰だろうか。
    RAIN(ピ) とユン・バクとの本当の戦いはこれからだ。

    SBS水木ドラマ「帰ってきて、おじさん」第12話ではシン・ダヘ(イ・ミンジョン) の娘ハンナ(イレ) がいなくなった。

    この日チョン・ジフン(ユン・バク) は、シン・ダヘの家を訪れた。ちょうどそこにはイ・ヘジュン(RAIN) もいた。
    シン・ダヘはイ・ヘジュンを見て笑顔を見せたが、チョン・ジフンを見たあとは笑顔が消え、
    すぐにハンナを部屋に入れてその理由に注目が集まった。

    シン・ダヘのことが好きなイ・ヘジュンとチョン・ジフンは、
    キム・ノガプ(パク・インファン) とハンナに気に入られようと努力をし、幼稚な競争を繰り広げた。
    2人はハンナが好きなアイドルグループのダンスを真似てバトルを繰り広げ、
    パパ(?) の座を自分のものにしようと努力し、笑いを誘った。

    ハンナはチョン・ジフンと2人きりになると、彼にバナナジュースを渡した。ハンナは「ママのことが好きですか?」と聞いた。
    これに対しチョン・ジフンは「好きだよ。ママも、パパも、ハンナも好き」と答え、率直な気持ちを表した。
    妙な兆しが見えたのは、二人が同時にアレルギー反応を見せたときだ。ハンナはチョン・ジフンが腕をかくと
    「おじさんもバナナを食べるとかゆくなりますか? 違いますよね?
    私、パパには似ていないのに、おじさんに似てるのがイヤ。おじさんがパパと仲良かったのもイヤです」と突然、叫んだ。

    ハンナのこのような意味深な発言は、実の父がチョン・ジフンであるかも知れないという疑いを抱かせた。
    その日の夜、アレルギー反応で苦しむハンナは、
    母に「おじいちゃんも、ママもアレルギーがないのに、なぜ私だけあるの?」と聞き、また疑問が起きた。

    翌日、ハンナは父親の写真の前で「パパに会いたい。私、パパに会いに行きます」というメモを残して、家を出た。
    これを見たシン・ダヘはチョン・ジフンに電話をかけて「昨日、うちのハンナとどんな話をしたのか」と怒った。
    また疑いが増幅した状況であった。

    果たしてハンナの父親は誰だろうか。
    反転に反転を重ねている「帰ってきて、おじさん」が再び新たな複線で、緊張感を高めている。



    1. 311.  「帰ってきて、おじさん」共演者とのセルフショットを公開…“素敵な友人たち”  
    2. 2016-03-30


    ドラマ「帰ってきて、おじさん」に出演している俳優たちがチームワークを誇った。

    30日、RAIN(ピ) は自身のInstagram(写真共有SNS) に「素敵な友人たち」という書き込みと共に写真を掲載した。

    公開された写真でRAINは、オ・ヨンソ、イ・ハニ、チェ・ウォニョン、ユン・バク、イ・テファンと
    カメラに向かってキュートな表情を披露している。
    俳優たちの仲睦まじい雰囲気が、撮影現場の和気藹々な様子を感じさせる。

    「帰ってきて、おじさん」は、浅田次郎の小説「椿山課長の七日間」を原作にした作品だ。
    “あの世の同窓生たち”による涙溢れるコメディであり、あの世からしばらく帰ってくるという前提で
    逆送体験をすることになる二人の男女のストーリーを
    面白く描くヒューマンドラマである。韓国で毎週水曜、木曜の午後10時に放送されている。
    1. 310.  「帰ってきて、おじさん」RAIN&イ・ミンジョン、帰ってきて、ロマンス”  
    2. 2016-03-26


    ※ドラマのストーリーに関する内容が含まれています。




    RAIN(ピ、チョン・ジフン) の“妻の再誘惑”大作戦が真っ最中だ。
    切実な心はイ・ミンジョンにも通じたように見える。彼女が彼に戻ることはできるのだろうか。

    韓国で24日午後に放送されたSBSドラマ「帰ってきて、おじさん」第10話では
    ダヘ(イ・ミンジョン) の心を取り戻すために奮闘するヘジュン(RAIN)の姿が描かれた。

    ヘジュンの告白はこの日も続いた。
    ダヘと一緒にお酒を飲んでいた彼は「僕たち、最初からやり直そう。僕に来てほしい」と説得を始めた。
    ヘジュンは「元夫が寂しくさせたと聞いた。何を見ても僕のほうがいい」と自信を示した。

    しかしダヘは戸惑った。夫が死んで間もないからだ。にもかかわらず戸惑うダヘに対するへジュンのアタックは続いた。
    ヘジュンの1日はすべてダヘだった。
    疲れたダヘのために可愛い靴をプレゼントし、職場でも彼女のコンディションを確認した。

    また1日中立ったまま働く彼女のために小さなイベントも行った。
    直接足のマッサージをしながら「ダヘさんはこの会社に残っている理由が何か。あきれたりしないか」とそれとなく聞いた。
    ダヘは「正直あきれた。足も痛いし、女たちは後ろでひそひそと話し合っている。1日に12回もやめたい」と打ち明けた。

    そう言いながらも「でも死んだ夫が体を捧げた会社じゃないか。
    私だけでもそれを知ってあげなければならないと思う」ともどかしさを吐露した。
    そんなダヘを見ながらヘジュンは決心した。ヘジュンは「ダヘさん、これからは僕が守ります」と引き続き真心を表現した。

    絶えない努力はとうとうダヘに届いた。ダヘは彼から夫の姿を見ていたのだ。
    自らも持てあますことのできない感情だった。

    ヘジュンにはこの世での時間があまり残っていない。その間にダヘの心をとらえ、
    ダヘが生きる道も開いてあげなければならない。
    家族に思い出も残さなければならない。すでにお互いを再び愛するようになった二人。二人の恋はいつ始まるのか。

    このようにRAINは複雑な感情をすべてこなしながらドラマへの没入度を高めた。
    コミカルな演技から真剣な感情シーンまで、何一つ逃さなかった。
    彼が1日でも早く妻の再誘惑に成功してほしい。視聴者の心が忙しくなっている。
    1. 309.  「帰ってきて、おじさん」RAINとイ・ミンジョン気まずい同居を開始  
    2. 2016-03-24

    ※ドラマのストーリーに関する内容が含まれています。



    イ・ミンジョンとピ(RAIN、チョン・ジフン)の気まずい同居が始まった。

    23日に韓国で放送されたSBS水木ドラマ「帰ってきて、おじさん」では
    ダヘ(イ・ミンジョン) に「一緒に暮らそう」と話すヘジュン(ピ) の姿が描かれた。

    ヘジュンは「僕はただ借金を返してもらいたくて来たわけではありません。
    ご存知かと思いますが、僕はソンジングループチャ会長の隠れた息子です」とアピールしながら
    「ヨンス(キム・イングォン) 兄貴の家族は僕の理想とも言えます。羨ましかったです。
    僕は気楽に休める場所を得るし、皆さんは家を売らなくてもいいし、いいことじゃないですか」と押し付けた。

    ダヘは「お金も多いでしょうし、ホテルに行ってください」と話したが、
    ヘジュンは「店長というのは質素な生活で他の人の鏡にならなければならない」と話した。

    ダヘは「他人が家に来ているのも心地が悪いし、私は店長の機嫌をとることはできません」と話したが、
    借金を無くし、下宿代を上げてくれるというヘジュンの現実的な提案を断ることができなかった。